カフェ好きな男のクッキングレシピ

寒い季節は、古民家でコーヒーを飲む

今年は、比較的、寒い季節が続いておりますが、こんな時は、古民家でゆっくりと檜のお風呂にはいり、縁側でコーヒーを飲みながら何も考えず過ごすのが一番の贅沢かなと思います。今の時代は、常に新しい事を考えて、どんどん実戦していかないと取り残されてしまうような気がいたします。そんな中で毎日生活していると気がやすまらず、気がついたときには体もボロボロになっていってしまいます。私は、限界と感じたときは、このかやぶきの宿にきてゆっくりと過ごすようにしております。なるべく平日の誰もいないような日を狙って予約しております。ここでゆっくりしていると、季節にもよりますが、すずめ・シジュウカラ・メジロなどの野鳥がやってきて梅の木の枝をいったりきたりしております。何も考えず、鳥の動いているのをみているとなんとも気持ちが良いものです。縁側で寝転がって見ていてもいいし、座ってみてもよいですが、普段、野鳥なんかあんまり見ないので、ここでこうやって見ていると実に気持ちがいいのです。精神的に疲れている人がいたら、おそらく同じような気持ちになるとおもいます。今の造りの家より古民家のほうが落ち着くのは何故かわかりませんが、私の場合は、精神的に疲れたら何故かここに来ているんですよね。ほんと、いいところですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です